3年生の「卒業式」が終了しました!!

3月3日(木)に3年生の卒業式を行いました。COVID-19の感染拡大の中、厳粛な卒業式でした。

このような感染状況にも関わらず、ビデオメッセージで卒業生の門出を応援した下さった理事長はじめ、ご臨席くださった副理事長、ご協力くださった教員、事務員の方に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

また、卒業式に参列できなかった後輩たちが、温かい感謝やお祝いのメッセージの他、卒業生を迎え入れるお部屋の装飾を行ってくれました。ありがとうございます。 来年度から、「大学校」になりますね。これからは、皆さんが学校を盛り上げて下さいね。

卒業生の皆さん!!

あなたたちの可能性は無限です。

輝かしい未来に向けて、羽ばたいていってくださいね。

応援していますね♡

教職員一同より

1年生の「宣誓式」無事終了しました‼

1月22日(土曜日)に1年生の宣誓式を行いました。 COVID-19の感染拡大の中、「宣誓式を諦める」ではなく、「どうすれば、学生が安全で無事に宣誓式を開催し、終えられるか?」を、校長はじめ、先生方と最後の最後まで検討し無事に開催することができました。

この感染状況にも関わらず、ご臨席くださった理事長や副理事長はじめ、ご協力くださった先生方にも感謝です‼ありがとうございました。

なにより・・・度重なる変更にも柔軟に対応し、宣誓式を開催したい‼という学生の皆様の思いとご協力にも心から感謝します‼ありがとうございました。

本当に無事に終わってよかったです。 理事長も祝辞の中で、お話されていましたが、「みなさんがみなさん自身に宣誓したこと」を忘れることなく、大変なこともあると思いますが、1つ1つ乗り越えて、看護師になってほしいと心から願います。

さあ‼1年生も残り2ヶ月ちょっと・・・ラストスパート‼一緒にがんばろうね‼

1年生担任より

「#筆談カフェ」って聞いたことがありますか??

 今回、本校では、三重県で筆談カフェを経営されているmojiccaの講師3名をお迎えし、「筆談ワークショップ」を開催しました。

 講師の金子さんは、『「筆談カフェ」とは、音声のない会話を楽しむ空間です。聞こえない人の存在を知ってもらう。手話だけが会話の手段ではなく、筆談を通して、文字がイラストになって会話を共有することが出来ます』と話されました。

 手話で聴覚障害者の方とお話をするのは、難しいなあと思っていましたが、筆談は、簡単に楽しくコミュニケーションを取ることができました。 当日は、クリスマスが近く、学生が会場をクリスマス仕様に、色鮮やかに飾り付けをしてくれました。グループ毎にコーヒーを注文したり、最近の出来事を紙に自由に筆談したり、楽しい時間を過ごしました。

 無音の環境の中で、五感が研ぎ澄まされ、普段よりコーヒーの香りを感じ、人の表情や書く内容に集中し、真剣に研修に取り組みました。

 「情報伝達の手段は一つではない」「文字でのコミュケーションには壁がない」ということを学べた一日でした。今後は、あらゆるコミュニケーションの手段を用いて、仲間や患者に関心を寄せられる、人間性を磨いていきたいと思いました。

 誰でも出来る、筆談。みなんさも一度、家族で、仲間でやってみてくださいね。

 #筆談カフェ #筆談 #文字でのコミュニケーション #楽しい #mojicca

オープンキャンパス2021

奈良看護大学校(承認申請中)に生まれ変わる本校のオープンキャンパスを開催しました!!

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

(コロナ感染拡大が顕著であり、予定していた日程すべて実施することはできませんでした。)

1年生と2年生の在校生が協力してくれたオープンキャンパスの様子をご紹介します。

玄関でお出迎え(*^_^*)

学生も教員も白衣でキメてます!

生まれ変わる学校ってどんな学校??生まれ変わる学校ってどんな学校??

奈良看護大学校へ生まれ変わり、4年制の新しい学校について説明させていただきました。

それではキャンパスツアーへ☆

看護学生の授業・試験・実習のスケジュールの例を伝えています。

「へええ!!やっぱり忙しいんですね。バイトもしてみたいのですが・・?」

お話しながら校内を回りました。

高齢者体験スーツ・妊婦体験スーツを着用してもらいました!!

着用した経験を元に看護を考えていく授業の一部を少し体感(*^_^*)

他にも・・・

在校生との接触を極力避けて感染対策を行いながら、いろいろな体験を用意しました(*^_^*)

***手浴の場面を見学***

***血圧測定を在校生に教えてもらい、練習してみたり***

***聴診ができるハイテク人形を使い、肺の聴診の体験!***

参加くださった方の感想

 ☆実習室でのいろんな体験を通して、看護師になるモチベーションが上がった!

 ☆実際に学校生活が聞けて良かった。

 ☆丁寧な説明でわかりやすかったです。4年制についてわかりました。

暑い中、学校まで足を運んでくださりありがとうございました!!

協力してくれた在校生の皆さんもありがとうござます!

残念ですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大のため、8月21日のオープンキャンパスは中止させていただきました。予約してくださっていた皆さま本当に申し訳ありません。

今年度は、オープンキャンパス開催は難しいことが考えられますが、学校見学(平日限定)は随時受付中です。

是非ご応募ください(^o^)

3年生臨地実習(領域別看護学実習)前半期を乗り越えました!

コロナ渦の5月に始まった実習。

2年生の時は数日しか病棟へ行くことができなったので、不安と期待が入り交じっていました。

この実習に向けて、感染予防対策のため、毎日の体温・体調管理・コロナワクチン接種を行い、いざ出発。実習中での援助中は、フェイスガードを使用して、感染予防対策をします。

さすが3年生!凜々しいですね(*^_^*)

患者さんと関わる喜びと責任感を感じる毎日でした。 自分たちで考えた看護を実践させていただける貴重な場となっています。

老年看護学実習では、残存機能・認知機能の維持や活動性を保ち退院への意欲を高める目的で、レクリエーションを計画して運営します。

今回は、病棟が運営しているレクリエーションに参加!七夕にちなんで短冊と七夕飾り作りを行いました。

患者さんの笑顔があふれ「はよ退院したいなー」「こんどは何作ろうかなー」うれしい言葉が聞こえてきます。 実習の疲れも吹き飛んじゃう(^^)/!!

臨地実習では経験できなかった看護技術は、学内実習で習得します。




臨地実習で関わった患者さんを思い起こしながら・・

「難しいな。どうしよう。」「こうやって工夫したほうが患者さんには良いよね!」 グループメンバーでのディスカッションも交えて、援助の技術を磨きます。

学内実習は知識をさらに深める場でもあります。

学びを深めるために、調べてまとめ、資料を作って、みんなの前で発表します。

看護では、相手に伝える技術も大切!仲間とともに切磋琢磨しています (^o^)

患者さまの短冊。

こんな風に書いていただけてなんて幸せなんでしょう!

後半の実習もがんばるぞ~!!あ、国家試験の勉強も!

忙しい日々は続きますが、新たな患者さんとの出会いに期待しながら・・・

初実習(基礎看護学実習Ⅰ―①)でたくさん学びました!〈1学年担当より〉

1年生が6月16日・17日の2日間、奈良県総合医療センターにて臨地実習(基礎看護学実習Ⅰ‐①)デビューをしました。

この日のために、コロナワクチンも接種し、白衣を着ている時の立ち振る舞いもたくさん練習してきて準備万端!

今回のメインは見学実習です。 まずは・・・ER(救命救急センター 初療外来)から。

救急の患者さんが1番最初に運ばれてくるところです。たくさんの機械がいっぱいありびっくり! 師長さんから色々教えていただきメモメモ・・・

次は病棟へ・・・ まずは救命救急センターICUへ。

患者さんがご入院されるユニットです。機械に囲まれていても患者さんが安心できる環境を作っておられます。なるほど!

次は各診療科病棟へ・・・

実際に患者さん役になり色々体験します。師長さんからの「ベッドで座るだけでも背中がしんどいんだよ」の説明に体験している学生からは「本当にしんどい‼」との感想。

「そんな時は背中に手を入れてズレをなくすんだよ」と師長さんからの説明に「おー‼」とみんな納得!

「教科書で習っていることってそういうことなんや」という言葉も聞かれました。

「やっぱり患者さんの立場にならないとわかりませんよね」という声も聞かれました。 一方・・・他の病棟では、特別室も見学させていただきました。

実施に患者さんが点滴されていると想定して支柱台を押しながらの歩行も体験もさせていただきました。

「点滴している患者さんって大変!歩くのもスムーズに歩かれへんから転倒とかするよね」などのお話を学生同士でしていました。

他には「看護師さんって色々な人に支えられてお仕事されているんや」など他職種連携や、「患者さんとのお話って自分が伝えたではなくて、相手が理解したか?が大切なんや」と実際の看護師さんと患者さんの場面を見学し、コミュニケーションについてもたくさんの学びがありました。

まとめの会では色々な学びがありました。患者さんの視点での学びとしては

次に看護師の視点での学びとしては

などのたくさんの学びがあった・・・そんな2日間でした。

最後にオフショット‼

ドクターカーの前での1枚。みんなきまってます‼

みなさん2日間よくがんばりました。奈良県総合医療センターの方々、そしてなにより患者さんへ感謝ですね。

この気持ちを忘れずに、毎日の勉強や実習を頑張ってほしいと心から願っています! がんばれ‼未来のnurse達♡♡♡

1年生担任より

手洗いが点数でわかる?

先日、1年生の「基礎看護技術」の授業の中で「手洗いチェック」を行いました。

今回は普段の手洗いが点数化される?ということでみなさん「何点やろう」と言いながらドキドキ♡

まずは、蛍光塗料の入ったローションを手にすり込みます。

次に普段通りの手洗いをします。いつもより心なしか念入りに洗っている方もチラホラ・・・

手洗いの後、専用の機械に手を入れて、手洗い採点開始‼

普段の手洗いがこのように点数となって表示されます。

手洗い結果

今回、みなさんの平均点は90~80点でした。すごい‼優秀‼でした。

このようにいつもの自分自身の手洗いが点数化されてでてきます。これで手の洗い方のクセなど一目瞭然ですね。

手洗い以外に個人防護具の着脱演習を行いました。

エプロンの着脱

担当教員は「1年生のみなさんにきちんとした防護具の着脱方法を身につけて自分自身も患者さんの事も守ってほしい」という願いを込めて説明と実演をしております。

その熱い教員の思いを受けて学生は「難しいけどちゃんと理解して実施できるようにならないといけないことなんだ・・・と改めて感じた」という学生の感想でした。

そして、最後に・・・今年から白衣リニューアル!!教員と色違いの白衣でチーム看護学校力倍増!!

「なんか看護師っぽいよね」などのワクワクした声がたくさん聞かれました。

これからも患者さんはもちろん、自分自身も守るために、効果的な手洗いや防護具の着脱の大切さを改めて思った1年生のみなさんでした。

令和3年度 入学式を挙行しました!

4月7日、入学式を挙行しました。

感染拡大防止のため、希望縮小で行われた入学式。保護者の皆様にこの姿をご覧いただくことができなかったのは非常に残念でしたが、入学生58名は力強く看護師への第一歩を歩み出しました。

奈良県立病院機構看護専門学校の教職員一同、皆様の看護師への道を全力でバックアップします!

新任教員デビュー!!

めっちゃ緊張しています!

終業式が終わった後、「テーマパークに行くか?行かないか?」をテーマに、コロナウイルス感染防止対策について1年生がディベートを行いました。

全ては患者さんの為に学生一人ひとりに寄り添い、素晴らしい看護師になるようサポートし続けます。

I’ll do my best!!

令和2年度 卒業式を挙行しました!

令和3年3月3日、卒業式を挙行しました。

卒業生退場

「すべての方に感謝し、希望を胸に羽ばたきます。」

下級生からのメッセージ

規模縮小により参加できなかった後輩からの写真やメッセージ。思い出がいっぱいです。みんなの温かい気持ちに胸がいっぱいになりました。

これからの活躍、楽しみにしています。