1+1を2以上にするには?

本校で身につけたいプラスの価値「多様性の理解」と「創造」について紹介します。

1+1を2以上にするために、あなたならどうしますか?

こうすると

2つの円を重ねることで、重なりの部分が出てきました。円の一つを1人の価値観だとすると、2つの円(2人の価値観)が合わさることで、新しい価値観や考え、学びが生み出されます。重なり部分が増えたり、円が増えたり、多様な価値観の関わり、ぶつかり合いが、新しい価値や学びを生み出すと考えています。

次回は「この重なり」について、お伝えしたいと思います。

基礎看護学実習Ⅱで学んだこと

7月4日から、2年生の基礎看護学実習Ⅱで初めての看護展開を実施しました。

病院実習の前半は、受持患者に看護援助を行い、実習後半は、コロナ患者の増加とともに、学内での実習を挟みましたが、実習先にも行くことができ、実習を止めることなく、学生に基礎看護実習で学んでもらうことが出来ました。

学内の実習中でも、リモートで実習指導者からのサポートにより、患者さんの情報を得る、密にならないようにカンファレンスを実施することが出来ました。

7月21日には、基礎看護学実習で受け持った患者さんの事例を通して、グループで学びを発表しました。

それぞれのグループで、自分たちが実践した看護を発表しました。

積極的な質疑応答もあり、活発な意見交換もできました。

病院から実習指導者も参加していただき、「患者さんを全人的に捉えて、看護が実践できていました。患者さんとコミュニケーションをとり、人間関係を築けていました」と講評をいただきました。

学生からも「患者さんに必要な援助を考えることの難しさと大切さがわかりました」

「患者さんとコミュニケーションを通して、信頼関係を築くことが出来ました」

「病棟の看護師は、常に患者さんのことを観察し、先の行動を考えている」と様々な発言が 出て、学生も基礎看護学実習Ⅱで学び、満足した様子でした。

オープンキャンパス開催延期のお知らせ

オープンキャンパスを8月8・9・10日の3日間で開催を予定しておりましたが、

新型コロナウイルス感染症急速拡大中のため、延期とさせていただきます。

今後の開催スケジュール・内容などにつきましては、当ホームページにて告知いたします。

七夕の祈り

3年生からのリクエストで七夕飾りをつくりました。

七夕は『乞巧奠(きこうでん)』という中国由来の節会の一つです。奈良時代から技芸の上達を願う祭りとして続いているそうです。学習や技術の向上を祈ると良いとされており、さっそく「国家試験全員合格!!」 1年生、2年生、教職員も各々短冊を記入して飾り付けました。

祈りが届きますように。

(参考:広辞苑第7版)

   

他職種連携実習を行いました!

他職種連携実習を奈良県総合医療センターで行いました。

40歳代脳梗塞治療後の患者さんの社会復帰を目指すゴールを設定し、 それぞれの職種でカンファレンスを実施しました。

    

看護師、薬剤師、理学療法士の学生が、患者さんへのアプローチ方法をプレゼンテーションしました。実施後にカンファレンスを行うことで様々な価値観に触れ、視点を養うことが出来ました。

  

自分達の考えを話しあい、将来チーム医療で、患者さんにとって、より良い医療を目指す 実習となりました。

高校の進路ガイダンスが始まりました!

そろそろ来年度の受験に向けて、高校での進路ガイダンスが本格化してきました。

今日は奈良県立香芝高等学校にて3年生を対象に、大学校の紹介や受験についてのガイダンスをしてきました。特に、先輩からのメッセージには興味津々でした。

ここ2年間はコロナ禍でオープンキャンパスやガイダンスも縮小気味でしたが、感染対策を講じながら大学校の魅力を発信していきます。ご依頼があれば大学校の紹介も兼ねて、看護の出前授業も可能です。 看護師を目指している高校生の皆さん、一緒に奈良看護大学校の歴史を創って行きましょう。

「子曰わく、性相近し。習えば相遠し。」

 孔子の教えに「子(し)曰(のたま)わく、性(せい)相(あい)近し。習えば相遠し」があります。この意味は、「もともとは、みんなの能力は同じである。差がつくのは、その後の学習である。」ということです。

 看護師という職業は、特殊な専門職です。「看護師だからこそ」と世間からの期待は大きいからこそ、看護師としての知識・技術・精神を学ぶことが大切です。今年度、当校は奈良看護大学校に生まれ変わりました。学生も教員も一致団結して、学生が理想の看護師になれるよう学びの共有の場を作りました。4月から「You-Juku」を開設し、学校だけでなく、機構全体で学生の学習への自律性を育む取組みを学生とともに行います。

 「You-Juku」4月号では、論語から「温故知新」を取り上げています。過去の出来事や考えを学び、未来に活かすという意味であり、論語の学びもまた温故知新の一つと言えるでしょう。1年生で学ぶ解剖生理学から文献に触れ様々な探求心への一歩を目指しています。また、学生発信欄も設け、学生自ら主体的な学びを推進します。この「You-Juku」を通じて学生への背中を押す言葉、そして看護を考える機会にしたいと思っています。

奈良看護大学校「初の入学式」を実施しました!

4月7日(木)奈良看護大学校になって初の入学式を挙行しました。COVID-19の感染防止のため、新入生は簡易抗原検査を終えて入学式に臨みました。とても緊張していた新入生のみなさんでしたが、校長の式辞に奈良看護大学校(4年制)の1期生としての認識が芽生えました。

入学式の後、理事長から講話をいただき、これからの4年間の学校生活に期待と不安を覚えながらも、前向きに努力する決意を固めることができました。

これから新しい学校生活のスタートです! 在校生の皆さんや教職員と一丸となって、新しい大学校の歴史を創りましょう。そして、新入生みんなで、奈良県の看護の実践者を目指して頑張りましょう!

教職員一同より