芽がでたよー!!

国家試験まであと19日!!

3年生はラストスパート真っ最中・・・

2年生は学内実習2週目で毎日朝早くからがんばっています。

1年生は自宅でオンライン授業。2月の終講試験に向けて目下、猛勉強中!

<栽培18日目:1月25日(火曜日> 今日もヒヤシンスビレッジは平和です。

穏やかな時間が流れています・・・と思ったら・・・ん?おやおや?ヒヤシンスの芽が開いている!なんということでしょうー!中からつぼみが出てます!!

ちなみに・・・右側の茶色のとんがりはヒヤシンスビレッジの村長ミィです笑

毎日スクスクと育ってくれていて、ヒヤシンスお世話係としては、ワクワクします。

栽培係によると、水の量が球根に浸らないくらいに調整するのがポイントとのことでした。

水の量か・・・知りませんでした。何でもたくさん与えればいいというのではないんですね。

看護も患者さんの能力を最大限に活かすような看護をする・・・どこかヒヤシンスの栽培と似てるところがあるな・・・と思いました。

このまま、綺麗なお花を咲かせてくれることを祈ります。

ところで・・・観察係の校長は、ネットで次のヒヤシンスを捜索中・・・ 新たな仲間が増えるのかな・・・楽しみー♪

一般入学試験(後期)の変更 (一次、二次体制とする)について

 この度、入学試験につきましては、一次試験(学科・論文)を2月5日(土)に実施し、その後、所定の成績者につきましては二次試験(面接)を2月11日(金)に受けていただくことと致しました。

 なお、二次試験については、zoomを使用してのWeb面接を実施致します。時間帯については別途お知らせ致します。

 変更の理由は、新型コロナウイルスの感染者が急激に拡大していることから、受験者間の接触時間の短縮や密の環境改善等、感染防止の観点から一次試験と二次試験とに分けて実施することと致しました。

ご理解の程、お願い申し上げます。

ヒヤシンスビレッジ完成!!

毎日寒い日が続いていますね。

今週から、2学年が学内実習のため、分散登校が始まりました。

2学年のみなさん、実習がんばってね!!

さて、本日の「ヒヤシンス栽培日誌」です。

≪栽培11日目:1月18日(火曜日)≫

水栽培のヒヤシンスは、今日も元気!

葉の部分は大きな変化はありませんが

根っこが5~7㎝程度に成長していました。

根っこが白くてきれいです。

何でも土台が大切といいますが、ヒヤシンスの成長を

毎日見ていると、その言葉の意味を痛感します・・・

看護学生の皆さんも、日頃の頑張りで、ヒヤシンス同様、

綺麗なお花を咲かせましょう!

土台=学校で学び

ヒヤシンスの成長をどこかで看護学生とリンクさせている・・そんな1日でした。

そして・・・今日、「ヒヤシンスビレッジ」が完成しました!

ヒヤシンス共々、ヒヤシンスビレッジもよろしくお願いします。                                 観察・記録係より

ヒヤシンス栽培日誌を始めました❁

校の校長が、せっせと何かされていました・・・

気づけば・・・ヒヤシンスをひっそりと栽培されていました!

ということで、2022年1月7日から「ヒヤシンスの水栽培」の観察日誌を始めました。

以下は本校校長からの投稿です。

「なぜ?ヒヤシンスの水栽培か?

 私(杉元)は小学生の時に学校のヒヤシンス水栽培で、私だけ花を咲かせることができませんでした。数十年たった今でも、心残りとなっています。(涙) 還暦を過ぎて、小学校の時に出来なかった、ヒヤシンスの花を咲かせたい!という想いが沸々と・・・でも、虫は苦手だから・・・やっぱり水栽培でリベンジを誓ったのです。ですので、こっそりと学校で水栽培のヒヤシンスを育てることにしました。

きれいな花が咲くことを願って、頑張ります。

(でも、実際の栽培は定政さんで、記録係は森本さん、杉元は写真係です。フフフ)

                                    杉元より」

しっかり根をはり、すくすくと育ってくれています。

≪栽培4日目:1月11日(火曜日)≫

冷所にて栽培中。

根っこが2~3センチ伸びてます。

     

「#筆談カフェ」って聞いたことがありますか??

 今回、本校では、三重県で筆談カフェを経営されているmojiccaの講師3名をお迎えし、「筆談ワークショップ」を開催しました。

 講師の金子さんは、『「筆談カフェ」とは、音声のない会話を楽しむ空間です。聞こえない人の存在を知ってもらう。手話だけが会話の手段ではなく、筆談を通して、文字がイラストになって会話を共有することが出来ます』と話されました。

 手話で聴覚障害者の方とお話をするのは、難しいなあと思っていましたが、筆談は、簡単に楽しくコミュニケーションを取ることができました。 当日は、クリスマスが近く、学生が会場をクリスマス仕様に、色鮮やかに飾り付けをしてくれました。グループ毎にコーヒーを注文したり、最近の出来事を紙に自由に筆談したり、楽しい時間を過ごしました。

 無音の環境の中で、五感が研ぎ澄まされ、普段よりコーヒーの香りを感じ、人の表情や書く内容に集中し、真剣に研修に取り組みました。

 「情報伝達の手段は一つではない」「文字でのコミュケーションには壁がない」ということを学べた一日でした。今後は、あらゆるコミュニケーションの手段を用いて、仲間や患者に関心を寄せられる、人間性を磨いていきたいと思いました。

 誰でも出来る、筆談。みなんさも一度、家族で、仲間でやってみてくださいね。

 #筆談カフェ #筆談 #文字でのコミュニケーション #楽しい #mojicca

オープンキャンパス2021

奈良看護大学校(承認申請中)に生まれ変わる本校のオープンキャンパスを開催しました!!

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

(コロナ感染拡大が顕著であり、予定していた日程すべて実施することはできませんでした。)

1年生と2年生の在校生が協力してくれたオープンキャンパスの様子をご紹介します。

玄関でお出迎え(*^_^*)

学生も教員も白衣でキメてます!

生まれ変わる学校ってどんな学校??生まれ変わる学校ってどんな学校??

奈良看護大学校へ生まれ変わり、4年制の新しい学校について説明させていただきました。

それではキャンパスツアーへ☆

看護学生の授業・試験・実習のスケジュールの例を伝えています。

「へええ!!やっぱり忙しいんですね。バイトもしてみたいのですが・・?」

お話しながら校内を回りました。

高齢者体験スーツ・妊婦体験スーツを着用してもらいました!!

着用した経験を元に看護を考えていく授業の一部を少し体感(*^_^*)

他にも・・・

在校生との接触を極力避けて感染対策を行いながら、いろいろな体験を用意しました(*^_^*)

***手浴の場面を見学***

***血圧測定を在校生に教えてもらい、練習してみたり***

***聴診ができるハイテク人形を使い、肺の聴診の体験!***

参加くださった方の感想

 ☆実習室でのいろんな体験を通して、看護師になるモチベーションが上がった!

 ☆実際に学校生活が聞けて良かった。

 ☆丁寧な説明でわかりやすかったです。4年制についてわかりました。

暑い中、学校まで足を運んでくださりありがとうございました!!

協力してくれた在校生の皆さんもありがとうござます!

残念ですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大のため、8月21日のオープンキャンパスは中止させていただきました。予約してくださっていた皆さま本当に申し訳ありません。

今年度は、オープンキャンパス開催は難しいことが考えられますが、学校見学(平日限定)は随時受付中です。

是非ご応募ください(^o^)

3年生臨地実習(領域別看護学実習)前半期を乗り越えました!

コロナ渦の5月に始まった実習。

2年生の時は数日しか病棟へ行くことができなったので、不安と期待が入り交じっていました。

この実習に向けて、感染予防対策のため、毎日の体温・体調管理・コロナワクチン接種を行い、いざ出発。実習中での援助中は、フェイスガードを使用して、感染予防対策をします。

さすが3年生!凜々しいですね(*^_^*)

患者さんと関わる喜びと責任感を感じる毎日でした。 自分たちで考えた看護を実践させていただける貴重な場となっています。

老年看護学実習では、残存機能・認知機能の維持や活動性を保ち退院への意欲を高める目的で、レクリエーションを計画して運営します。

今回は、病棟が運営しているレクリエーションに参加!七夕にちなんで短冊と七夕飾り作りを行いました。

患者さんの笑顔があふれ「はよ退院したいなー」「こんどは何作ろうかなー」うれしい言葉が聞こえてきます。 実習の疲れも吹き飛んじゃう(^^)/!!

臨地実習では経験できなかった看護技術は、学内実習で習得します。




臨地実習で関わった患者さんを思い起こしながら・・

「難しいな。どうしよう。」「こうやって工夫したほうが患者さんには良いよね!」 グループメンバーでのディスカッションも交えて、援助の技術を磨きます。

学内実習は知識をさらに深める場でもあります。

学びを深めるために、調べてまとめ、資料を作って、みんなの前で発表します。

看護では、相手に伝える技術も大切!仲間とともに切磋琢磨しています (^o^)

患者さまの短冊。

こんな風に書いていただけてなんて幸せなんでしょう!

後半の実習もがんばるぞ~!!あ、国家試験の勉強も!

忙しい日々は続きますが、新たな患者さんとの出会いに期待しながら・・・